個人輸入で偽物リスクがあるのはバイアグラだけ!初心者も玄人もカマグラ通販が安全!!

輸入

海外通販サイト当で簡単に勃起薬が入手できます。携帯でもウェッブ閲覧が出来れば誰でも簡単です。
ですが、良く噂される心配事としていは偽物が紛れ込んでいるという点です。
2014年にバイアグラの特許が終了した事もあり、少なくともジェネリック品の偽物を日本向けに販売している業者はありません。
正規のジェネリックを販売しているサイトならばユーザからの信用を失う偽物製品を扱う行為は考えられません。ですが、ある一定の条件でバイアグラは未だに偽物が流通しています。

バイアグラ通販は多少のリスクがあります。

バイアグラ通販は多少のリスク

ネットで出回ってるバイアグラは病院やクリニックで処方されているものよりも安価な場合が一般的です。医師からの処方箋が無くとも入手できるので「安価」「便利」なのですが、ことバイアグラのような先発薬に関しては偽物が出回る事があります。
これは、先発薬とジェネリックの医薬品はパッケージが違えど、中身の成分、効果が「全く同じ」だからです。*正確に言えば錠剤のコーティングの材料などが違いますが効能への違いがあったも微々たるものです。
このように「同じ効果」であるバイアグラのジェネリックのカマグラゴールドは1錠あたり100円前後に対して、バイアグラは2,000円前後と20倍の価格差があります。
つまり、これだけの価格差があれば生産コストに対する利益が高いので偽物の可能性が高く、安全性や品質に何らかの欠陥がある可能性があります。

見方を変えるとバイアグラのジェネリックのカマグラゴールド等の方が偽物が作られにくく正規メーカー製で安全度が高いのです。

カマグラ100㎎の偽物の注意喚起と比較
カマグラの偽物の情報を入手したため注意喚起として情報共有をさせて頂きます。当店では全て正規品メーカー品の取り扱っており、偽物の取り扱いをしたことはありません。カマグラに関しては元々が低価格であるので市場に偽物が出回りにくいと考えておりました

病院バイアグラでも偽物可能性があり

病院バイアグラでも偽物可能性があり

病院やクリニックにおいてバイアグラだけでなく医薬品の仕入れは薬の卸問屋からで特に小規模なクリニックなどでは、直接、薬の現金問屋などから購入される場合もあります。
また、個人輸入代行などから話を聞きますと、実際に病院からの海外医薬品の注文があるようです。これは特に珍しいことではなく、特に美容クリニックでは国内で承認されてない薬の入手が必要であるため、こういった輸入代行を経由して注文されています。

近年で言えば2017年の「ハーボニー配合錠」が現金薬問屋からの偽造品流通が知られています。

つまり、薬の現金問屋や輸入代行経由での海外からの医薬品の入手は違法ではありません
*医師からの注文であれば輸入の必要書類は簡単に行えます。

このような薬問屋において身分証明書の提示がなくとも購入してくれる現金問屋がたくさんあります。

大量に扱っている通販サイトの方が安全

大量に扱っている通販サイトの方が安全

薬問屋などですと入手先が不明な薬が紛れこんでいる可能性もあります。小規模なクリニックですと一度の仕入れる薬は少なくて良いのと、薬の現金問屋ですと仕入れ値が8割位で済むのと違法ではないので現金問屋経由でも良いのではないでしょうか。また、病院自体が直接海外から輸入し、英語のパッケージから出して処方される事もあるようです。また、小規模なクリニックなどですと、そんなに大量にバイアグラは費用も無いので、製品一つ一つの成分検査を行う事はないので偽物が紛れ込んでいる可能性があります。
これに対して、海外の個人輸入代行ですと、毎月、毎日、大量のバイアグラの取引をしております。もし、仕入れたバイアグラに偽物があればネット社会で袋叩きにあうリスクもあるので、例えば仕入れ先が変われば成分検査などを行ったり、定期的に成分検査などを行ったりするのは医薬品通販サイトとして当然です。もちろん、外観などからも本物と偽物を判別も行いますので、思っている以上に偽物と出くわすことは無いはずです。

バイアグラ等の勃起薬の海外通販と個人輸入の違い

バイアグラジェネリックのカマグラゴールドなどの勃起薬を入手するには海外通販が必須です。これはカマグラの国内メーカーが無いので入手方法は通販ののみとなります。
また、この海外通販と個人輸入の言葉を使分けている情報がありますが、この2つの言葉の意味は違いは特にありません。個人で海外から通販のように商品を購入している場合は個人輸入をしている事になります。
通販する場合、海外から商品を入手する場合は、輸入が禁止されている商品があったり、高額だと(16,666円を超える)関税がかかったりします。

多くの場合は医薬品通販サイト(又は個人輸入代行サイト)を利用するはずですので、1ユーザとしては何も違いも気にすることはありません。

勃起薬をお急ぎなら病院バイアグラで

海外通販でのバイアグラの購入はコストが抑えられ処方箋も要らないというメリットがあります。

また、信頼がおける通販サイトが見つからないと、偽物とである可能性や、商品の到着までに時間がかかるというデメリットがあります。そのため、予定があるのにバイアグラを切らしてしまっていたという場合など、すぐにでも必要な際は病院で処方してもらうと確実です。

別の治療薬を服用中であるなど、バイアグラの服用前に医師に相談したいという方も、病院での処方は安心だと言えます。

しかし、コストの面を考えると取り急ぎ必要な分だけ病院で処方してもらい、その後海外通販で当面の量をまとめて購入するというのが最も効率が良い方法です。

コメント